手順を踏まえて引越しの達人に!

まずは計画をしっかり立てよう(プランニング)

手順について説明する主婦

引越しは日取りや段取りなどの計画が最も重要です。これらの手順をしっかり吟味すればスムーズで快適な引越しが実現します。

  • 引っ越す日時を決める
  • 部屋の掃除
  • 引越し屋さん選び
  • 荷造りと梱包
  • 各種手続き(公共料金や転居の届け出)

これらの中で満足できる引越しのために一番大切なのは業者選びです。

普通の人は人生の中で、「ひっこし」を何度も経験しません。
ですから、手順がわからないまま十分な準備ができず、不満が残る引っ越しになるのが大半です。

体験者の口コミで評判の良い引越し屋さんはノウハウを熟知しているので、最適な手順 を教えてくてるのではじめての引っ越しでも安心です。

引っ越す日時を決める

  早めに引越す日を決めよう


日時によって業者のスケジュールがいっぱいだったり、
運送用のトラックが空いてなかったり
しますので、ひっこす日時は早めに決めなくてはいけません。

少しでも安くするコツは、
忙しい繁忙期を避けた日を選ぶこと
可能なら、荷物の配送を午後便にすることです。

時期・時間は金額に大きく関係しますので、すこしでも安くしたいなら、できるだけヒマな時期・時間を選びましょう。

また、その日その日で価格設定や忙しさは異なります。ですから、日時を指定して見積もりをすることが重要です。もし、思っていたよりも高い金額を提示されたなら逆にヒマな日を聞いてもいいでしょう。

引っ越し当日の最安業者をさがす

掃除をしてきれいにする

  荷造りと同時に掃除をしよう


部屋を明け渡す時、清掃をしないといけないというわけではありませんが、最低限のそうじは礼儀でもありますし、不動産屋さんや大屋に対しての印象が違います。
敷金返金の額が違ってくる可能性もあります。気持ちこめて掃除をするに越したことはありません。

業者によっては退去後の部屋の掃除をする場合もあります。

部屋の掃除をするひっこし屋さんが見つかる

自分の引越しタイプにピッタリの業者を選ぼう

  見積もりサイトを上手に利用しよう


引越しの成功は、業者選びにかかっています。
望んでいる引越しのカタチはそれぞれ違いますので、 満足するために自分にピッタリの業者を選ぶことが大切です。

  • とにかく安い引越しをしたい
  • 便利なサービスを利用したい
    (不要品の整理や電気や新聞の手続き代行)
  • 作業スタッフの技術や対応、丁寧さを重視したい

納得できる引越のためには引越しタイプに合わせた業者選びが大切です。譲れないポイント条件を指定してひっこし相場を調べる事が大切です。

無料の見積もりサイトなら日本全国から最適な会社をピックアップしますので、希望通りの会社が見つかります。

荷造りのコツ

  荷物は極力減らそう


早い準備のために季節外れの衣類は早めに荷造りしましょう。洋服の他にも家具や電化製品などの不用品は、思い切って処分することも料金を安くするために必要です。

  • 捨てるもの
  • 人に譲るもの
  • リサイクルショップに売るもの
  • 新居に持って行くもの

こんな風に分類すると結果として運ぶものが少なくなって、費用が安く抑えられます。 また、業者の中には不用品を処分してくれる会社もあるようです。有料の方が多いですが、日程に余裕がないときは利用してみるのもいいでしょう。

  荷造りが面倒なら


「荷造りをする時間がない」
「引越しの準備は面倒くさいからしたくない」
という人は荷造りからの準備を業者に依頼することができます。料金は多少割高になることもありますが、見積もりサイトで最安の会社を探すと意外と安い業者も存在します。
プランによって「荷造り」「荷ほどき」「後片付け」「各種手続きの代行」など全てを任せて自分は何もしなくてもいいプランもあります。

  上手な梱包の仕方


梱包の上手下手は経験がものを言いますが、コツを掴めば引越しがより快適なものになります。

  • 梱包はすべて自分でやる
  • 自分ができる分を梱包し、当日に業者の手を借りる
  • すべて業者におまかせする

それぞれのケースで注意点が違いますが、
貴重品を手荷物にすることと、見られたり触れられたくない下着類を梱包しておくことが大事です。

食器ワレモノ

荷造りを業者と共同でする場合、食器など割れ物はプロにお任せして、衣類や書籍、日用雑貨を梱包しましょう。その方が、破損等のトラブルが予防できます。

書籍・本類

書籍類はいがいと重いですので、用意したダンボールの中で一番小さな段ボール箱に詰めましょう。荷物が重すぎると搬出・搬入の仕事効率を下がるだけでなく事故の発生原因となります。

手持ちにした方が良いもの

紛失したら困る貴重品は必ず手持ちにしましょう。
宝石類預金通帳印鑑有価証券現金キャッシュカード母子手帳など。

引っ越しの当日は監督者になる

部分的な作業をするのではなく、全体を見て指示を出します。
スタッフに対して的確な指示を出して、皆が気持ちよく動けるようにする方が効率よく進みます。

荷物を運んできたスタッフに運び入れる部屋をすぐに指示が出せるよう準備しましょう。
事前に以下のことをチェック・確認しておくとスムーズな指示が出せます。

  • 転居先の間取りの見取り図
  • 作業の開始時間と終了時間
  • 作業員の人数
  • トラックの駐車スペース有無

面倒な後片付けは素早く済ませよう

  素早く片づけよう


後片付けで新生活のスタートが決まります。
あと片付けは力を振り絞って一気に短期集中しましょう。

  • 紛失物の確認
  • ダンボールの回収・処分
  • カーテンの設置
  • 日用品(トイレットペーパー、ティッシュペーパーの準備

仕事子育て他の用事などで後片付けの時間がない、または面倒くさい、という方は「後片付け」まできっちり済ませる業者もありますので、業者選びの条件にしましょう。

後片付けをする業者を探す

新生活の手続き

一番大切なことは引越しの当日から電話、電気、ガス、水道が使えるように手続きをすることです。エアコンの設置や役所への転入手続きなども早めに済ませましょう。


Copyright (C) 2009 引越しの準備と手続き All Rights Reserved.

引っ越しの手順 | 簡単引越しの手順

ひっこしの作業手順のチェックリスト。やるべきことを